福岡市南区のアフタースクール・民間学童「スポルトキッズ」

スポルトキッズ

想い 武田りわのブログ

スポルトキッズ創立への想い

投稿日:

実家が遠くて、両親の助けは得られない状況で

子供3人を育てながら

クリニックを開業して、

皮膚科医として働いて、

経営について考え、

さらにNPOを立ち上げて、

イベントを企画・運営して、

そして間もなくアフタースクールを開校しようとしています。

身も心も完全に、

それもとっくにキャパオーバーで。

これでいいのか?

医者も、母も、妻も、NPOも、

全部が全部、中途半端になるんじゃないか?

もっと美容皮膚科の勉強をしたい。

もっと家を綺麗に片付けたい。

もっと子供達と遊びたい。

なのに時間が足りない。

本末転倒になってないか?

毎日が葛藤の連続です。

私の周りには、

素晴らしい熱意のもとに

素晴らしい学童保育や保育園を立ち上げている友人もいて、

その友人達を全力で応援すればいいんじゃないか、とか。

なんのために、アフタースクールを開校させるんだろう。

なんのために、こんなに頑張ってるんだろう。

なんのために。

なんのために。

なんのために。

もう何千回、何万回と自分に問いかけました。

突き詰めて、突き詰めて。

たどり着いたのは、とってもシンプルな想いでした。

『子ども達に、幸せになって欲しい』

12901549_907694072663281_1424077399516667412_o

事業を起こすこととか、

事業を成功させることは目的じゃなくて。

それは単なる過程。

子ども達が、幸せを感じとる心を持ち、

自分の人生を自力で作り上げる力を持ち、

そのために行動できる強さを持ち、

他人を思いやる優しさを備え、

笑顔に満ちた未来を生きて欲しいと、

心から願っています。

昔、年老いてきた親が、

やたらと「ボランティア活動をしていきたい」と言っていたのが、

どうも“いい人アピール”のように聞こえて、

疎ましく感じていたけど。

今ならよく理解できる。

自分も年を取ったからなのか、

子供を産んで親になったからなのか。

医者の世界しか知らず、

どちらかといえば政治にも経済にも社会情勢にも疎い私が、

『子ども達に、幸せになって欲しい』

ただ一つ、この想いだけを原動力に、

子どものため、社会のためにと頑張れています。

『子ども達に、幸せになって欲しい』

そのとてつもなく大きくて、果てしない目標を前に、

今から開校させようとしているアフタースクールが果たせる役割なんて、

ほんのちっぽけかもしれないけれど。

行動しなければ、それはゼロ。無。

どんなに小さな1歩だとしても、

誰かが踏み出すこと、

それ自体に大きな意味と価値があるんじゃないかと。

そんなことを、

もう一度思い起こさせてくれる出来事が少し前にあって。

泣きました。

そして気持ちが引き締まりました。

やるしかない、と。

とても幸せなことに、

こうした想いに共感・賛同してくれる方達に恵まれ、

アフタースクール『スポルトキッズ』が

もうすぐ動き始めます。

単なる保育とも、塾とも、習い事とも違う、

子ども達の<生きる力>を育むアフタースクールです。

スポーツや芸術、音楽をはじめ

学校では学ぶことができない、

農業、食育、サバイバル、IT&テクノロジー、マナー、お金etc.

といった多岐にわたる体験を通して

・人と共に生きる力

・社会で逞しく生きる力

・自ら考え行動する力

・モノを生み出し、問題を解決する力

・自己の夢をつくりあげる力

そういった<生きる力>を、安全で自由な家庭のような環境で伸ばしていける、

そんな場を提供します。

まだまだ乗り越えるべき課題は山積みですが、

準備を重ね、内容を練り、

期待も膨らんできました。

『スポルトキッズ』開校に向けて

もうひと頑張り。

11114206_761655170600506_8735473760111594519_n

このプロジェクトを応援し支えてくださっている全ての皆様に

心から感謝いたします。

スポルトキッズ  代表 武田りわ

※この記事は、2016年3月にFacebookに投稿したものに一部加筆修正を加えたものです。

-想い, 武田りわのブログ
-, , ,

Copyright© スポルトキッズ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.