福岡市南区のアフタースクール・民間学童「スポルトキッズ」

スポルトキッズ

通常プログラム

他の人と差をつけるなら「ビジョントレーニング」です!!

投稿日:

ビジョントレーニングって地味??面白い??

 

スポルトキッズで昨日実施したビジョントレーニングの内容を少しご紹介します。

 

 

同じものを作ってみよう♪

映像を見ながら折り紙で同じものを作ります。

これは、図の認識トレーニングになります。

 

 

「ただ折り紙を折るだけでも目や脳に影響するんですか?」

 

「指先を使うことは脳に刺激を与えます。折り紙は遊びながらトレーニングができるとてもいい素材なんです。」

「手が動かない人は、体も動かせないです」

 

指先を使う → 脳に刺激

 

 

 

できた折り紙でトレーニング☆

音に合わせて、2つの折り紙を交互に見るトレーニングです。

目だけを動かします。

 

 

「このトレーニングはどのような意味がありますか?」

「これは目の基本的なトレーニングになります。」

「人は何かを見ているとき脳は考えているので、単純に目だけを動かすトレーニングをします。」

「見える範囲(視野)が狭いということは、考える能力も低く(狭く)なります。」

 

 

 

 

両手でキャッチ!!

身近にあるものを使って・・・

今回は丸めた靴下を1人2つずつ持って、

まずは、両手で真上に投げて、両手でキャッチできるか挑戦です。

(安心してください。靴下は未使用のものです!!)

これは、意外と取れそうで取れないんですよね~(^^♪

 

「これは目と手の連動ができているかを見ます。」

「これ、僕がやると左手だけ取れるけど、右手は必ず取れないんですよね~。」

「取れなかった方の右手は、自分の手の長さを認識できていないからだと思います。」

 

 

 

次は、対面して2人で2つの靴下を同時に投げて取ります☆

 

 

「え~難しい~!!」

「分かった!!高く投げると取りやすいんじゃない!?」

「おぉ!!子どもたちも考えましたね!!」

「自分のことだけでなく、相手のことも考えて投げないといけないので難しいですね。」

「1人1個ずつだと成功しやすいですが、2個ずつ使うと周辺視野も使うので難しくなります。」

 

 

 

バウンドボールでいざ勝負!!

これは単純に、ボールをワンバウンドさせてカゴに入れるゲームです。

楽しみながらできるので、子ども対スタッフで勝負しました!!

見事にスタッフの完敗です!!

 

 

「距離感をつかみ、ボールのバウンドを考えて入れる為には、力の使い方や考える力が必要になります。」

 

 

 

図を見て同じものが書けるかな??

前にある図を見ながら、同じものを書くトレーニングです。

 

 

 

「これはどのような効果がみられますか?」

「空間認知能力を高めます」

 

 

 

 

次は難易度を上げて、前にある図をそのまま描くのではなく、

書くときには90度角度を変えたものをイメージして書いてみます。

 

 

「これは、大人でも難しいですね・・・」

「ポイントは板書するときの眼の使い方や、見る回数です」

「更に難しくするときは、見る回数を減らすようにします」

「空間認知能力が低いと、どんな不都合なことがあるんですか?」

「空間認知は物体の位置や状態、関係などをすばやく把握できることなので、その能力が低いと、地図が見れなかったり、文字のバランスが悪かったり、大げさに言うとスポーツのゴールの位置を間違えて自分のゴールにシュートしてしまうこともあります。」

「なので、空間認知能力が高くなると・・・

文字のバランスがよくなり綺麗に書けたり、文字や地図を逆さから見ても見れるようになり、更に車のバックが苦手な人も改善される可能性があります。」

「へぇ~、大人も知らないことがたくさんあるんですね!!」

「今回だけでもとても勉強になりました。ありがとうございました!!」

 

 

 

と、このような内容で今回のビジョントレーニングは終了です(^^)

保護者の方も実際に見ていただき、家でできることは継続的に実施してみませんか?

 

お気軽にご相談ください♪

 

 

 

 

住所:福岡県福岡市南区長住3丁目70-102

電話:092-551-3300

メール:info@sportjapan.jp

5

営業時間 登校日:放課後~19時、全日:8時~19時 (最大延長21時)

休日:日曜日、祝日、お盆、年末年始

-通常プログラム
-, , ,

Copyright© スポルトキッズ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.